【超革命】芳蓮蔵氏、出版業界に革命を起こす【誰でもプロデビュー可】

1 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 04:37:00.94 ID:nIlfnwc3.net

誰でも商業出版できて、なおかつ一定の印税収入まで完全確約


要するに、今小説を書いている人間はサービス開始と同時に全員プロデビュー可

けっして夢物語ではなく、すでに関係業者とは話を詰めている段階
ガチで夢の時代がやって来る

2 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 06:17:58.63 ID:xtcFaDCm

これただの電子書籍では?
誰でもアマゾンでできると思うけど…

3 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 06:50:53.07 ID:nIlfnwc3

>>2
出版社立ち上げだよ
自費出版じゃなくてプロとして商業出版
そして「読者が買い、作者に印税が入る」段階まで確約してる
ガチの革命

4 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 08:23:09.10 ID:42HvTuTV

編集・改稿・校正が入らんWeb小説は商品レベルにないが・・・

誰でもってことは挿絵も含めたそこらへんは無しだろ
登録する馬鹿はいても金出す馬鹿はいないだろ

5 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 08:26:46.92 ID:njI6XRov

>>4
そんなのは一般論だろ
芳本人も革命って言ってるし、これまでにはない形態の戦略になるんだろうことは容易に想像できる
それで関係各所とはもう大詰め段階だってんだから、信憑性は高い

>>1
どうでもいいけど有原ハリアーとかいうガチの不人気が他出版社とのブッキング気にしてるのが草はえる
お前なんかどこからも声かからんやろ

6 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 10:04:32.60 ID:9ldROIyy

>>5
いやーそれどっちかっつーとペテン臭いだろ

7 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 12:18:31.72 ID:NlyGVVZu

>>6
ペテンにかける理由がわからん。マルチみたいに資産を預けるわけじゃあるまいし
システムが脆弱だと感じたら、参入しなきゃいいだけ
正直、個人的にはめちゃくちゃ期待できるわこの革命

8 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 12:47:13.88 ID:hu1rWU98

革命って言い出すやつは全員アホって知ってる
馬鹿を信者に仕立てて稼ぐ商売だなw

9 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 12:49:05.69 ID:hu1rWU98

訂正

革命って言い出すやつは全員アホか詐欺師

10 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 12:58:21.16 ID:NlyGVVZu

>>8
>>9
自分のこと賢いと思ってそう
なんでもかんでも頭ごなしに否定するやつは情報を取捨選択する能力のないバカだと相場が決まってる

11 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:18:43.28 ID:NlyGVVZu

これがガチならマジで心踊るわ
正直、出版さえできれば一定の売り上げを得る自信はあるんだよ……
出版までのハードルだけが高すぎる

12 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:26:41.22 ID:GKw3uMky

今時電子書籍なら出版費用ただだろ
amazonやとらのあなやdlsiteとかの同人誌が正にそれだし

出版社に頼る理由は紙媒体の印刷費用と各種書店への陳列および宣伝
そして何より書く事で原稿料を貰える点
只働きにならない点

それが抜けて出版と言われても同人誌でしかないな

13 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:28:18.56 ID:GKw3uMky

宣伝なしで印税と言われても、自分で出せば丸儲けだろ
こんなん騙される馬鹿いるのかと

14 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:32:19.58 ID:GKw3uMky

看板作家集めてサイトの人気出ればそれに釣られて来る人はいるかもね
最初にどれだけ人と資金集められるか

もし出版手数料を作家から取るなら一時期印刷会社や出版社がそこら中でやってたサービスと同じだな

15 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:43:29.53 ID:GKw3uMky

漫画を例にとれば下手な連載より同人誌の方が金になるから連載そっちのけで同人誌に力入れたりする訳
雑誌連載は宣伝と割り切ってね

名刺とか肩書きに小説家って付けるために集まる人間はいるかもね
と言うかそう言う方向でしかこの話に載るメリットがない
金銭面ではデメリットが大き過ぎて普通の作家にはメリットが何もない

もしそれでもそれなりの作家が一人でもいたら、一般とは別に金を流して依頼して客寄せパンダとして貰っているんだろうな

16 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:45:20.14 ID:GKw3uMky

元印刷会社のちょっと出版も聞き齧った人間からの意見です

17 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:50:33.25 ID:GKw3uMky

知り合いが似たようなサービス立ち上げたり、そんな投資話を持ち掛けられたりとか
でもそう言う投資話持ち込んでくる人間って名刺集めとか目的にしてる若いニーちゃんばかりで殆どが事業として成功してない

投資された金を自分の金みたいに遊興費として使って、事業潰れたら別の話を立ち上げたりしてる良くいる怪しい連中

18 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 17:51:55.71 ID:GKw3uMky

まとめると、出版社を通して本を出した作家と言う肩書きが欲しい素人相手のビジネス

19 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:08:22.20 ID:NlyGVVZu

だから、それは既存のありふれた戦略じゃん
それなら「革命」だなんて言葉使わんよ

20 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:12:18.77 ID:GKw3uMky

サービス内容話せよ

21 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:16:02.14 ID:GKw3uMky

印税ってのは読まれて初めて出る
原稿料じゃないんだろ?
出版権はどうなってんの

広告収入でアクセス数に比例して印税払うとかって話だろ

概ね予想つくが
バックにどれだけ企業が付いて、どんだけ予算割いてもらってんだ

話だけなら俺だってそこらの大手に持っていけるが名前貸してくれても予算は割いてくれなかったぞ

22 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:18:02.29 ID:GKw3uMky

失敗するか成功するかは知らんが
今のところは雨後の筍の様に良くある話に見える

23 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:29:21.33 ID:MCkf+nWZ

国会図書館に収納されるのなら多少は価値があるのではないか?

24 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 18:56:46.90 ID:GKw3uMky

同人誌でも自分で納品出来るぞ
エロとかそう言ったもんは知らん
取り敢えず送って向こうが受け付けるかどうか決める

国会図書館自体は別に出版社通す必要はない筈

25 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:10:44.73 ID:nIlfnwc3

電子書籍ちゃうぞ
きちんと本になる
それでいて作者側の負担はなし、印税確約、誰でもウェルカム
ガチで革命

26 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:12:44.16 ID:1Icj+bqE

読者の負担高そうだなw
一冊5000円ぐらい?

27 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:13:52.67 ID:nIlfnwc3

>>26
そんなもん誰が買うねん
1,000円以下やろ

28 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:40:12.33 ID:1Icj+bqE

定価1000円にするとして

例えば一般的な文庫サイズでページ数196、表紙カラーラミネート加工、中身モノクロで
200部刷って1冊当たり670円ぐらい 印刷費だけでこれ

マトモに流通通す(出版社→取次→本屋 作者、イラストレータの印税)ことを考えると、1000部は印刷する必要あるかな
これで一冊当たり320円が印刷費

内容度外視で、出版社負担で何でも間でも出版する?
スグ潰れそうw

29 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:41:25.40 ID:HcJgWZTC

蓮舫?

30 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 20:42:05.31 ID:HcJgWZTC

>>11
ガチのバカ発見

33 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 21:00:52.89 ID:HcJgWZTC

外資系以外信用しない
正確には特亜以外の外資系だけど

35 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 21:36:10.85 ID:nIlfnwc3

でもなかなか夢のある話だとは思うけどな
既存のやり方とは違うシステムで戦うんだろうし

38 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:05:43.74 ID:1Icj+bqE

>>37
オンデマンド印刷だと印刷費すごい高いよ

文庫サイズ、196ページ、表紙カラーラミネート、無線閉じ、中身モノクロで
一冊あたり印刷費だけで1000円超える

39 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:10:03.37 ID:GYQcxkuf

今は納期長めで付け合わせ印刷で最安値でやってるところが安いんじゃねーの

43 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:35:09.53 ID:GYQcxkuf

言ってる意味がわからないなら自分で調べてくれ

44 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:37:58.90 ID:whKUHTmt

印税を出すとは言ってるけどタダで刷るとは言ってないからな
書店に本を置いてもらえるルートがあるとも言ってない
そうなるとこれまであった自費出版ビジネスと何が違うんだという
出版社から本を出すメリットてのは、作家側の持ち出しゼロで本が刷れて、書店への営業も全て代行してくれるってとこだからな
これまでの自費出版系ビジネスに騙された人たちは、刷れば自動的に本屋に自作を並べてもらえると思い込んだ人が多かった
結果、自宅に数百から千冊単位での自著を抱え込むことになる

45 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:39:26.92 ID:HcJgWZTC

サギ摺ル

49 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 22:48:17.57 ID:GYQcxkuf

取り敢えぜ今出てる情報には革命要素がない
続報待ち

55 :この名無しがすごい!:2019/10/10(Thu) 23:03:44 ID:1Icj+bqE

>>51
>>25を見ると、電子じゃなくてちゃんと紙の本を刷るみたいだぞw

58 :この名無しがすごい!:2019/10/10(Thu) 23:23:39 ID:1Icj+bqE

>>39
付け合わせ印刷で調べたけど、書籍でこれって可能なの?
名刺やチラシ印刷しかでてこないんだけど

書籍だと作品によってページ数からして違うから無理なんじゃない?

59 :この名無しがすごい!:2019/10/10(木) 23:33:34.74 ID:1Icj+bqE

>>57
それだと結局昔問題になった書籍自費出版の電子版でしかないよな

どうせ作者から安価(といっても10数万は取られそう)だが金をとるんでしょ?

61 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 00:00:16.86 ID:tyKT6ypY

クラウドファンティングの代行手数料とられそうw

62 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 00:15:28.32 ID:ZYS8WGxN

じゃあクラウドファンディング詐欺だな

68 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 00:44:46.64 ID:BmyyQTov

クラウドファンディングで作者が金出さずにちゃんと本にしてくれるのならやってもいいぞ
ただ金集まるの?

71 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 00:49:37.47 ID:ZKxJOb1y

だからこれはある程度のファン(数百人程度)はついてるけど
今の1200円で5000〜6000部基準という採算ベースには載らない作品を
もっと書籍の値段を上げることによって数百部程度でも採算ベースに載せて出版する

ってビジネスモデルなんじゃないの?

81 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 02:26:33.15 ID:IuvG8UNj

>>80
誰が50万出すんだ?
クラウドでそれだけ集まるならもっとちゃんとしたところから出版した方がいいぞ

85 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 05:04:20.09 ID:M0LYwxJq

クラウドファンディングはファンからのお布施的な意味合いが強いから
募集人数は少ないほうが集金しやすい
あと500円1000人じゃ赤字にしかならない(リターンを求めないなら可能)
そもそも100人すらファンを集められないような作品なんて書籍化する価値無し

91 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 07:39:42.76 ID:ZKxJOb1y

でもまぁなろうから図書館ドラゴンのクラウドファンティングが成功して書籍になってるし
そういうのもありなんじゃないかな

95 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 12:06:19.35 ID:C2WCpYgH

>>94
これたまに言う奴いるけど、ただのアマチュア側の妄言だぞ
いずれにしてもそれで採算取れると思ってるなら頭アカン人や

100 :この名無しがすごい!:2019/10/11(金) 13:24:22.74 ID:M0LYwxJq

需要があり売れる作品は商品化しやすく(例:異世界転生)
そうでない作品は商品化しにくい(例:歴史小説など)
需要が少ないニッチな作品にも面白いものは数多く存在する訳で
そういった作品を書籍化できるという意味では有益と言える

ニッチな需要を掘り起こせば新しいマーケットが生まれる

297件をまとめました。
最新情報はこちら

この記事が気に入ったら フォローしよう

おすすめの記事
サイト内ランキング